防音賃貸アパート 防音対策 済み

防音賃貸アパートは 防音対策をしています。
  << December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
防音コンセントの作り方

電気のコンセントの防音仕様

電気のコンセントの防音仕様
防音壁を貫くところはシールして隙間をなくします。コンセントボックスを取り付けます。
普通の電気コンセントやスイッチは
一番上に薄いカバーがついており
その向こうにアウトレットボックスと呼ばれる箱が
壁の中にあります。
アウトレットボックスは取り付けるための穴や
電線が通る穴が多数開いている薄いプラスチックスや鋼製の小さな箱です。
このアウトレットボックスは
電気の絶縁のために付けるものであって
防音するために取り付けるためのものではないのです。
そのため
電気コンセントやスイッチ類は遮音性能がないのです。

電気コンセントを防音仕様にする方法

  1. 在来の電気コンセントのカバーや器具を取り除きます。
  2. 電気の線を旧ボックス内でつないで伸ばす。
  3. 遮音シートを貼る
  4. 石膏ボードを張る
  5. 電線の貫通孔部分をシールする
  6. 露出型ボックスを取り付ける。

防音電気コンセントの模式図


防音コンセントの作り方

防音電気コンセントの施工写真

防音対策 普通の電気スイッチ電気スイッチ
防音対策 普通の電気スイッチのカバーをはずしたところ薄いカバーを取り外したところ
表面の仕上げ材には大きな穴が開いています。
防音対策 スイッチやコンセントを取り付けるためのアウトレットボックス中に取り付けてあるアウトレットボックス
防音対策として隙間を無くすのは原則です。
中のボックス(アウトレットボックス)は電気の絶縁のために設けられているもので
電線の貫通孔や取付のための穴が多数開いています。
電気コンセントの遮音 防音壁を貫くところはシールをします。 電線が短いので旧ボックス内で電線を繋いで伸ばします。
遮音シート石膏ボードで電気コンセントの穴を塞ぎます。
隙間ができるのでシールします。
電気コンセントの遮音 外付け型の電気コンセントを取り付けます
露出型電気コンセントを取り付けます。
電気コンセントの遮音 外付け型電気コンセント
防音仕様の電気コンセントの完成です。
これらの工事をするのは電気工事士の免許を持ったものが
する必要があります。
ちなみに私は電気工事士の免許を持っています。 防音室アパートの防音
| craft | 防音アパート | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://craft.blog.bai.ne.jp/trackback/186964
トラックバック

CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS